未分類

手汗の根本的な原因と解決法をそれぞれのレベルごとに解説する!

更新日:

手汗について、男女ともに悩んでいる人が多いです。
緊張している感が全開で出てしまっているような気がして、なるべくバレたくないですよね。
(もちろん実際に緊張はしているのですが。笑)

今回の記事では、そもそも手汗って何?という所から様々なタイプの人に対応できる対策方法までをご紹介します。

①手汗をかいてしまう仕組みを知ろう

まずそもそもなぜ人は汗をかくのか、汗をかくと一々拭かなければなりませんし、部位によっては臭いに繋がります。

どうしてこのような機能が人間にはあるのでしょう?

その理由は、「体温を調節するため」と「危険信号としての身体のサインのため」です。
具体的に説明すると、人間の発汗については3つの種類があります。

  • 温熱性発汗
  • 精神性発汗
  • 知覚性発汗

温熱性発汗は運動や気温で人間の体温が上がった時に、その熱を身体から排出することを目的としています。似たような仕組みとして、尿として身体から排出する方法もありますが、発汗の方が身体としても楽に頻度が高く体温が下げられます。

精神性発汗はいわゆる、「冷や汗」です。
何かのミスに気がついた時や緊張した時に汗ってかきますよね、あれが精神性発汗です。
全身をフルに稼働させてパフォーマンスをあげるための汗です。
かつて人間が狩りをしていた時代にも、この精神性発汗により手汗で手持ちの武器操作が滑らないようにしたりと機能していました。

知覚性発汗は熱いものや辛いものなどの刺激物を身体に入れた時に起こる発汗です。
激辛スープなどを飲んだ時には皆汗だくになりますよね?あれが知覚性発汗です。
本来人間のそばには熱湯などの熱いものや辛いものは存在しませんでした。
なので「これは未知の刺激で危ないかもしれないぞ」というサインを汗として知らせてくれる機能として発汗します。

「手汗」という部分にフォーカスすると、多くの場合は精神性発汗が原因として挙げられます。
手汗に悩んでいる人の多くは、この精神性発汗が発生した際の汗の量が他の人よりも多いのが特徴です。

②手汗の根本的な原因について知ろう

上述の通り、手汗で悩んでいる人は精神性発汗をどうにか対策をすれば問題は解決します。

では実際に対策の仕方について理解を深めましょう。
手汗の発汗を細かく分解すると、身体の中では下記の流れで発生しています。

手汗の発汗の流れ
├①身体がストレス・緊張を知覚
├②交感神経(自律神経)が過剰に反応
└③手のひらのエクリン腺から発汗が活発になる

この流れに対して、①を対策すれば解決する人と、②を対策すれば解決する人がいます。

①を対策すれば解決する人は、
究極言ってしまえば、緊張しやすい人やストレスを抱えやすいを指します。

  • ストレス、緊張を減らす
  • ストレス、緊張を今よりも発散できる術を身につける

この2つが具体的な対策です。
ストレス、緊張を減らすのは外的な要因も影響するので、コントロールしやすいのは発散方法をいくつも身につける方法になります。
こればっかりはその人によってストレスの効果的な発散方法は異なるので一概には言えませんが、多くの人に当てはまるのは運動です。

②を対策すれば解決する人は、
ストレス、緊張の感じ方は人並みだけれども、それに対して自律神経が反応しすぎてしまう人を指します。

いわゆる、「自律神経の乱れ」が該当します。
自律神経の乱れについてはテレビでも何度も特集されているのでワードを知っている人も多いかと思います。

原因は複数あるので一概には言えませんが、こちらも定期的な運動をする事で自律神経のバランスが正常に戻す動きができます。

まとめると、
緊張やストレスを抱えやすい人はそれを発散できる方法を見つけること。
自律神経が過敏になっている人は、乱れを正常に戻す動きをすること。

これが日常生活で行える手汗の改善方法です。
即効性は高くないかもしれませんが意識して生活をしてみましょう。

しかし注意しなければいけないのが、上記の改善方法で効果が高い人と低い人がいます。
それは、個人それぞれで異なる「手汗のレベル」が関係しています。

③自分の手汗のレベルを知ろう

上記でも触れましたが、手汗にはレベルという概念があります。
実際の医療機関でも治療内容を診断するのにあたって基準に使っています。

レベルは3つに分かれており、判断の仕方は下記となります。
レベル3が一番症状として重いです。

レベル1.手汗で手が湿っている(キラキラしている)
レベル2.手のひらに水滴が溜まる
レベル3.手のひらから水滴がポタポタ落ちる

このレベルによって、
日常生活でストレスへの対策や自律神経のバランスを意識しても効果が見込めるかどうかが決まります。

レベル1の人は中でも効果が見込めますが、レベル3の人にはほとんど効果が見込めない(とても長い期間を要する)でしょう。

しかし現代では「手汗を対策する商品」というものも発展しており、日常生活での改善を意識しながら併用していくことで即効性が見込めます。
ちなみに私自身は現在レベル1の状態です。ほぼ常に手のひらが湿っており、下記で挙げる対策方法と合わせて手汗の対策を行っています。
過去にはレベル2のタイミングもありましたが加齢と共に代謝が落ち、現在レベル1まで落ちました

次は、どの手汗レベルの人がどういった対策商品が合うのか、を説明していきます。

④それぞれに合った対策を知ろう

世の中には手汗専用の制汗剤商品があったり、手汗の治療に特化したクリニックがあったりと、実は手汗で悩んでいる人たちにとっては嬉しい商品サービスが豊富にあります。

それぞれどのレベルの人におすすめなのかをご説明します。

レベル1の人向けは、手汗専用の制汗剤です。
上記の通り、私自身がこのレベルですが現在この制汗剤を使用しています。
使うことで、手汗が出ない状態を作ることが出来ます。

レベル2の人向けは、手汗専用の制汗剤と皮膚科への相談です。
まず制汗剤を試してみましょう。効果が高い事例も多いです。
しかしレベル1と異なり制汗剤で効果が薄い場合もありますので、その際には皮膚科での診療を一度受けてみましょう。

レベル3の人向けは、手術の検討を視野に入れるべきです。
日常生活の意識だけでは改善までに期間が長くかかってしまうので、逆にストレスが溜まり続けてしまう可能性が高いです。
順序としては、制汗剤を使用してみて効果を見て、見込みが薄かった場合には皮膚科で相談して見ましょう。
実際に症状を説明することで手汗治療専門のクリニック等を紹介してもらえる場合があります。

⑤多くの人がここから始めるべき手汗対策

ここまでで、
手汗に悩む人が日常生活で意識すべき対策と、併せて使用することで即効性が見込める対策商品をご説明しました。

一刻も早く手汗を抑えたい場合にまず行動すべきは、手汗専用の制汗剤による手汗対策です。
(生活習慣による改善対策には時間がかかってしまうことが多いため)

制汗剤の効果次第で皮膚科等、次のレベルの対策を検討しましょう。

実際に私が使ってみた中でおすすめできる商品を紹介させていただきます。
使用感、コスパ等の情報も含めて書きましたので、商品選びの参考にしてください。

手汗専用制汗剤最新ランキング【比較・口コミ・レビュー有り】

28年間ずっと手汗に困ってきた私がそれぞれの商品を実際に使用してレビューした結果を、 コスパ、使用感、香りなどさまざまな角度から比較してランキングにしてみました。 現状私は、 フレナーラ、ファリネ、テ ...

続きを見る

この記事も読まれています。

-未分類
-, , , , , , ,

Copyright© 手汗対策ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.