未分類

手汗は自律神経が原因?対策含め調べてみた。

更新日:

自律神経とは

自律神経が乱れると、手汗をかく。
身体の中に流れるパワーが正常に循環できなくなる。

テレビなどで散々特集されることから「自律神経」という言葉や、それが乱れると良くないことはなんとなく認識している人も多いかと思います。
しかし改めて自律神経ってどんなもの?どんな役割を担っているか?というとなかなか応えられる人は多くありません。

自律神経とは簡単に言うと、循環器や呼吸器などの自分が意識していないけれど身体活動を常に24時間活動を続けている神経です。

種類としては2つあり、

  • 身体の活動を目的とした、交感神経。
  • 身体の急速を目的とした、副交感神経。

この2つがバランス良く活動をしていることが、良い状態です。

しかし現代ではいろいろな原因からこのバランスが崩れてしまい、体調を壊す人が増えています。

自律神経と手汗の関係

そんな自律神経ですが、手汗とはどんな関係でしょうか?
それは自律神経が乱れた際に身体に出るサインとして、めまいや吐き気などと同じように症状として出ます。

いろいろな種類の症状が起こるのですが、割とその中でも「何もないのにやたら手汗が出る」というのは多い事例です。

自覚症状では緊張などしていなく身体も運動状態にないのに、

  • 手汗がでる
  • 手汗が止まらない

などの症状が出た場合、自律神経の乱れを心配したほうが良いでしょう。

自律神経の乱れによる手汗を防ぐには

さてここまでで自律神経の役割や手汗との関係性を説明してきました。
では実際にどうしたら自律神経のバランスを整え手汗を防ぐことができるのでしょうか?

それは自律神経の乱れの原因となる行動を一つ一つ潰していくしかありません。

大きく自律神経を乱すと言われているのは、

  • ストレス
  • 運動不足

この2種類です。

ストレスについてはあまり当人が自覚していない場合もありますが、
現代のストレス原因のダントツNo.1は仕事(職場の人間関係を含む)になります。

なので根詰めず、適度に休憩をはさむ、適度に人と会話する、など個人でできるストレス解消を随所で挟みましょう。
あとは睡眠時間をきちんと取ること。

あと運動不足については現代人の大多数が不足している自覚があるかと思います。
しかし運動はストレス解消にも眠気を促すことにもつながるので、無理してでも取り入れましょう。

こういった形で自律神経を整えることが、自律神経の乱れによる手汗を防ぐ具体的な対策です。

とはいえ長期的に見た対策となります。
じっくり取り掛かる必要があるのと、すぐに手汗を対策したい場合は手汗専用の制汗剤を使用する、という方法がおすすめです。
下記ページにて当サイト管理人が実際に使ってみて満足度の高かった商品をまとめましたので、参考にしてみてください。

手汗専用制汗剤最新ランキング【比較・口コミ・レビュー有り】

28年間ずっと手汗に困ってきた私がそれぞれの商品を実際に使用してレビューした結果を、 コスパ、使用感、香りなどさまざまな角度から比較してランキングにしてみました。 現状私は、 フレナーラ、ファリネ、テ ...

続きを見る

この記事も読まれています。

-未分類

Copyright© 手汗対策ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.