未分類

手汗をかかない方法を調べた。手汗は限りなく抑えることはできる!

更新日:

手汗をかかない方法について、たくさん検索している人がいます。
この記事に辿り着いたあなたも手汗に悩む一人ですね、私も手汗で悩んでいて一時期毎晩のように手汗について検索して対策方法がないか調べていました。

この記事では手汗をかかない体質を目指すためにすべきこと、どうしても手汗をかいてしまう時にすべき対処方法をまとめます。

そもそも手汗をかく原因とは

そもそも手汗をかいてしまう原因はご存知でしょうか?

発汗という仕組み自体は体温を逃がすことや、手の滑りを減らすためのものなので、必要なものです。
しかし一部の人はこの手汗の量が一般的な人よりも多いだけなのです。

まず発汗の仕組みと、それぞれがどういう目的で手汗として出てくるのかを認識しましょう。
発汗の種類は主に3つあります。

  • 温熱性発汗
  • 精神性発汗
  • 知覚性発汗

この3つです。

夏の猛暑で手汗がジワッと来るのが温熱性発汗。
これは体温を下げるための汗です。

いわゆる冷や汗は精神性発汗。
「まずい!」と思った時にドッと出る汗です。

知覚性発汗は辛いものや熱いものなどの刺激物が体内に入った時にかく汗です。
元々は体内に異常なものが入ったときの危険信号です。

詳細は下記の記事に書きました。

no image
手汗は緊張のせいって本当?精神性発汗って何?

緊張をすると手汗が出るのは何故? 緊張。 もともと緊張する傾向にある人はこの言葉を聞いただけで少し背筋がピシッとしてしまう人もいるかもしれません。 緊張、嫌ですよね。 私も異性と距離が近いときや、大事 ...

続きを見る

上記の中で、手汗に悩んでいる人に特に発症するのが精神性発汗です。
大人数の前での発表や、初対面、異性との接触等の際に発症します。

この精神性発汗は元々人間が狩りをしていた際の名残です。
槍を持って獲物を前にしたときに、手のひらがカサカサだと槍がすっぽぬけてしまう可能性がある。
そこで手汗を適度にかいて滑り止めの機能としていたのです。

現代でも、何か物をを持つときなどカサカサよりは若干手汗があったほうが滑りにくいのです。

とはいえ、その手汗が出すぎてしまったも逆に滑ってしまったり、他人を不快にさせてしまう可能性があるのでなんとかしたいですよね。
では次に、狩りなんて存在しないこの現代にも関わらずこの精神性発汗を発症しやすくしてしまうNGな行動パターンをご紹介します。

精神性発汗を助長してしまう原因

精神性発汗の仕組みは、

  1. 脳がストレスや緊張を知覚する。
  2. 脳が身体の交感神経へ信号を出す。
  3. 交感神経が刺激され、手のひらのエクリン腺が活発になる。

の順で作用しています。

それぞれの段階へ対策ができればベストです。

①脳がストレスや緊張を知覚する。
こちらの対策は、「ストレスや緊張を感じないよう努力する」しかありません。

しかし、②脳が身体の交感神経へ信号を出す。
こちらに関しては現在私達は交感神経が過剰に反応してしまっている可能性があります。
まずこの可能性をつぶしましょう。

交感神経が過剰に反応してしまう=自律神経が乱れている、と言えます。
この自律神経が乱れの要因を一つずつ見直して改善してきましょう。

▼自律神経の乱れの大まかな要因

  • 過労
  • 仕事のストレス
  • 睡眠不足
  • 不規則な生活
  • 運動不足

他にも更年期障害など、どうしようもない原因もありますがまずは上記の要因を取り除きましょう。
次は上記要因の対策を含めた、普段の生活からできる手汗対策の対策内容を書いていきます。

手汗をかかないために普段から気をつけること

普段の生活から手汗をかきにくい体質へ変化させることができれば、現在の悩みもだいぶ改善されます。

生活習慣のここを変えよう。

生活習慣の一部を変えることにより、自律神経の乱れは徐々に解消されていきます。
下記にて自律神経の乱れにを改善する生活習慣を挙げましたので、できるところから改善していきましょう。

カルシウムを積極的に摂る

カルシウムを積極的に取ることで、ストレスの発火点が上がります。
ちょっとしたことでもイライラする事がなくなりますので、コンビニで毎日ヨーグルトを一本買って飲んでみる、から始めてもいいでしょう。

適度な運動をすること

適度な運動をすることで、全身に血液が回り代謝が良くなったり、ストレスの解消になったりといいことづくめです。
毎日急激な運動が苦しい場合には1日10分YouTubeを見ながら腹筋運動から始めても運動になります。

ストレスの解消方法を見つける

運動がここに該当しても良いですが、とにかくストレスを溜めるのが良くないので、適度なガス抜きをしてあげましょう。
人と会うことでストレスが解消される人もいれば、逆にストレスになってしまう人もいるので、特定の行動というよりは個人それぞれでリラックスできる行動を見つけましょう。

辛いものを食べる機会を減らす

辛いものがストレス解消になる場合は別です。(辛いものが負荷だと感じない人はOKです。)
しかし通常は辛いものを食べたときには身体に負荷がかかります。

身体的な負荷は自律神経の乱れに影響しやすいので、辛いものの食べ過ぎには注意しましょう。

手汗をかきそうと思ったら手を洗うこと

こちらはメンタル的な部分ですが、「手汗をかいてしまいそう!」と感じた際にはすぐに手を洗う瞬間を作りましょう。
これだけで手汗は流れるほか、手のひらの汗腺が冷却されてしばらくは手汗がでない状態になります。

こうした対処方法を知っておくだけで、随分と気が楽になります。

手汗専用の制汗剤がある

もう一つ、最強の対処方法があります。
それが手汗専用の制汗剤です。WEBでしか販売されていないですが、日本人の手のひら向けに特化した成分が配合されています。

少し戻りますが、上記で精神性発汗の過程をこのように説明しました。

①脳がストレスや緊張を知覚する。
②脳が身体の交感神経へ信号を出す。
③交感神経が刺激され、手のひらのエクリン腺が活発になる。

上記生活習慣で自律神経の乱れを改善すると、②が過剰に反応することを防ぐことができるのですが、
手汗専用の制汗剤は③に対策するものになります。

どんなに脳がストレスや緊張を知覚して交感神経へ発汗の信号を出しても、あらかじめ手のひらの汗腺を制汗剤によって縮小させておけば、手のひらから汗は出なることがない、という仕組みです。

私も現在はこの手汗専用の制汗剤を使用することによって、手汗の悩みがかなり改善されています。
実際に私が使ってみて使用感含めてレビューしたランキングが下記になります。

是非商品選びの参考にして見てください。

手汗専用制汗剤最新ランキング【比較・口コミ・レビュー有り】

28年間ずっと手汗に困ってきた私がそれぞれの商品を実際に使用してレビューした結果を、 コスパ、使用感、香りなどさまざまな角度から比較してランキングにしてみました。 現状私は、 フレナーラ、ファリネ、テ ...

続きを見る

この記事も読まれています。

-未分類
-, , ,

Copyright© 手汗対策ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.