未分類

手汗のレベル分けについて解説する。

更新日:

手汗にはレベルがある

皆さん日常的に手汗は書くことがあるかと思いますが、実はこの手汗にも個人差があり、段階的にレベルで発汗の具合を表すことが出来ます。
手汗をなんとかしたいと考えている人も、まずご自身が現状どのレベルにいるのかを把握することで、適切な対策方法を導き出すことができます。

手汗のレベル1

手汗のレベル1は割合としては多いです。
そこまで真剣に構えなくても良いかもしれません。

手のひらを見た時にうっすら汗をかいており、キラキラを汗が反射してキラキラしている状態が続く人がこのカテゴリに入ります。
手のツボを押すことですぐに汗が引く人もいますが、手汗専用の制汗剤を使ってしまったほうが早い場合もあります。

手汗のレベル2

真剣に手汗を意識していて、お金を払ってでも取り払えるなら払いたい人たちです。
症状としては、手汗をかいた時に自分で手を握ったら、水滴が落ちるレベルの人がこのカテゴリに入ります。
大勢の人の視線やプレッシャーを感じた時に顕著に症状が現れます。
すでに手汗専用の制汗剤を使っている人もいるかもしれませんが、最近はかなり種類も増え、成分が強く手のひらが”かぶれる”心配がない商品も多く販売されていますので、そちらも参考にしましょう。

手汗のレベル3

レベルの中では一番症状として重度なカテゴリで、
手汗が出たときには「手を握らずとも」、水滴が垂れる人たちです。

レベル3の方の中でも重軽度の差はありますが、人によっては真剣にETS手術を検討する人もいます。

しかし手術に関してはまだ専門的に扱ってくれる医院が少ないことや、手術内容によっては手汗が止まるぶん、他の箇所からの発汗が著しく増えてしまう副作用の事例が報告されていたりと、真剣に医院を見極める必要があります。

まだ最近の手汗専用の制汗剤を試していない人がいれば、こちらで症状が改善された例もありますのでまず一度、試してみることをおすすめします。

下記ページにて私が実際に使用して満足度の高かった商品をまとめています。

手汗専用制汗剤最新ランキング【比較・口コミ・レビュー有り】

28年間ずっと手汗に困ってきた私がそれぞれの商品を実際に使用してレビューした結果を、 コスパ、使用感、香りなどさまざまな角度から比較してランキングにしてみました。 現状私は、 フレナーラ、ファリネ、テ ...

続きを見る

この記事も読まれています。

-未分類

Copyright© 手汗対策ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.