未分類

【手汗専用の制汗剤】その必要性を説明する!今注目されるワケとは?

更新日:

手汗に悩んでいる…昔から手汗をかく体質であまり人にも知られたくないので相談できない…
手汗ってやっかいですよね。

私も昔から手汗に悩んでいて、小学校のときのフォークダンスや初めての恋人と手をつなぐ…なんてタイミングでもとても気まずい思いをし続けてきました。
中学の頃、真剣に親に相談して手術を検討した経験もあります。
(当時は手汗に特化した病院も数が少なく、断念してしまいましたが…)

今でも、きさくな人柄の人に握手を求められたりする瞬間に、とてもとても気まずい思いにビクビクしています。

そんな中、最近はこういった悩みを持つ人に対して「手汗専用の」制汗剤が複数販売されていると知りました。
今回の記事は同じような悩みを持つ人たち向けに、手汗専用の制汗剤とは何か?という部分を調査して記事にしました。

手汗専用の制汗剤が注目を集めるワケ

手汗専用の制汗剤が手汗で悩む人の間で注目を集めている理由としては、大きく2点あります。

  • 脇ではなく手のひら専用商品であること
  • どれも商品サイズ展開が絶妙であったこと

それぞれ説明します。

脇ではなく「手のひら専用」商品であること

元々夏など暑い季節にはコンビニやドラッグストア等に制汗剤が制汗スプレー、シートが販売されます。
しかしそれらは全身用(脇用)フェイシャルシートなど、手のひらへの使用を想定したものではありません。

もちろん汗を拭いてサラサラにする、という効果はあるのですが手のひらの肌が荒れてしまう可能性が高いです。
理由として、実は脇などに比べて手のひらの皮膚ってすごく薄いのです。

皮膚が暑い脇用の制汗スプレーなどは一番NGです。
脇の暑い皮膚だから耐えられる成分で配合されています。

なので全身用と書いてあり全身に使ったとしても手のひらだけ”かゆく”なってしまうこと等があるのです。

加えて、メンソール成分が手のひらに良くないです。
特に男性向けの商品にはスースーするメンソール成分が多く配合されていることが多いです。
このメンソール成分、手のひらには刺激が強すぎます。

実際に私もそれを知らず制汗シートで手のひらを拭いたことがありますが、スースーしすぎて逆に手汗が出てきてしまった経験があります。

じゃあ手のひらの皮膚の薄さに対応した商品があればいいよね、という話で通販会社が目をつけ近年商品数を増やしているのです。
実際に私もユーザーですが、肌荒れやかゆみなどはなく手汗も抑えられるので重宝しています。

もう一つの注目される理由はサイズですね。

商品サイズが絶妙であること

上記でご説明しましたが、刺激成分を手のひら用に調節をしたことで肌が荒れることがなくなったのですが、
やはり使用したとして、ずっと効果が持続するわけではないんですね。

例えば、

  • お手洗いで手を洗ってしまう
  • 手さげカバンを持ってしまう
  • 手袋をしてしまう

などの理由で手のひらから成分が落ちてしまうことが日常生活では多くあります。

なので、効果が切れてきたと感じた時にサッとしようできる商品が望ましいです。
今までの市販で販売されていた制汗液をご自分で希釈して使用していたなんて方たちも、持ち運びには自分で更に小分けに移し替える手間がありました。

これに対して、最近の手汗専用の制汗剤たちはサイズが小さいのです。
イメージするなら、ハンドクリームくらいの大きさです。

ハンドクリームと聞くと、常備しているのはどんな人のイメージでしょうか?
多くの人のイメージの中には、OLが入っているかと思います。

そうです、このOLさんたちのポーチの中を圧迫しないサイズであったことが注目を集めている理由です。
実際に私の周りで手汗に悩んでいる友人の女性がポーチに入れているのを見たことがあります。

気になった時にポーチから出してサッと使用できることで、とても評判がいいのです。

さて次は、その手汗専用の制汗剤たちにも種類があります。
そこについて触れていきましょう。

手汗専用の制汗剤の種類

種類というのは、大きく下記に分かれます。

  • クリーム型
  • パウダー型
  • リキッド型

クリーム型

メリットはリキッドタイプと違い、いきなり勢いよく出ないため量を使いすぎてしまわない点です。
一番ハンドクリームの使用感に近いため、違和感なく使えます。

<代表商品>

テサラン
コルクル

パウダー型

パウダー型は粒子が細かいので、手のひらの汗腺に浸透力が高いです。
そのため少量で済むので、コスパが良いです。

<代表商品>
ファリネ

リキッド型

一番オーソドックスな液状タイプです。
商品数も一番多いので、WEB上に口コミが一番多く集まっていて参考にしやすいです。

<代表商品>
フレナーラ
デトランスα

手汗専用の制汗剤の制汗成分とは?

制汗成分にも現在販売されているものには種類があります。

  • 塩化アルミニウム
  • クロルヒドロキシアルミニウム

どちらも制汗成分としては医薬部外品の成分となっています。

昔からある商品には塩化アルミニウムが使用されておりますが、肌荒れの原因となることが多く、最近の商品ではクロルヒドロキシアルミニウムが採用されることが多くなってきています。

塩化アルミニウムを採用している商品であれば、同時配合されている肌保護成分をきちんと確認しましょう。
保護成分が入っていることで、ダメージを打ち消すことができればそれで解決出来ますので。

クロルヒドロキシアルミニウムを採用している商品であれば安心できますが、上記の通り制汗力が塩化アルミニウムと比べて劣るので、クロルヒドロキシアルミニウム以外にも手汗を抑える成分が入っているものを選びましょう。

最後に

上記のように情報をお伝えしましたが、これらを更にまとめて手汗専用の制汗剤のどれがいいのか?を使用感をまとめてご紹介するページを作りました。
よかったらこちらを商品選びの参考にしてください。

手汗専用制汗剤最新ランキング【比較・口コミ・レビュー有り】

28年間ずっと手汗に困ってきた私がそれぞれの商品を実際に使用してレビューした結果を、 コスパ、使用感、香りなどさまざまな角度から比較してランキングにしてみました。 現状私は、 フレナーラ、ファリネ、テ ...

続きを見る

この記事も読まれています。

-未分類
-, , , , , , ,

Copyright© 手汗対策ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.