未分類

手汗の手術ってどんなもの?内容・費用相場を解説!

更新日:

手汗の治療方法の中に「手術による治療」というものがあります。
今回はその手術治療の内容、費用相場、どういった人向けなのかなど、情報を調査しましたので記事にします。

手汗治療の手術とは

手汗の治療は主に手汗治療専門のクリニックで受けることになります。
まだまだ対応しているクリニックは少ないですが、例えば東京などには専門のクリニックが複数ありますので、比較的選びやすいと言えるでしょう。

no image
手汗専用の病院ってあるの?東京都内の手汗専門のクリニックまとめ。

東京都の手汗専門クリニック 四谷メディカルキューブ http://www.mcube.jp/operative/explanation/sweating.html 営業時間 8:30-16:30 ※日 ...

続きを見る

手汗の手術の内容で主に使われるのはETS手術という種類です。
ではこのETS手術についてどういったものかを説明していきます。

交感神経遮断術(ETS手術)

漢字を見ての通りですが、交感神経を切断する手術になります。

手汗が出る原因は交感神経による指令が手のひらのエクリン線へ行ってしまうことなので、この交感神経の指令を物理的に止めるということです。

発汗機能を制御する神経は下記の4つです。

  • 第2肋間神経(T2)
  • 第3肋間神経(T3)
  • 第4肋間神経(T4)
  • 第5肋間神経(T5)
  • 第6肋間神経(T6)

数字が若ければ若いほど切断した時の効果は大きいですが、副作用である代償性発汗の可能性も高まります。

これらの神経は枝で分岐するようにつながっており、数字の若い神経を切るとそれより数字の大きい神経も同時に指令が届かなくなります。

例:T2を切った場合、T3-T6の指令も届かなくなる
T4を切った場合、T5-T6の指令は届かないが、T2-T3の指令は届く

なのでどこの神経まで切断をするのか、という選択はとても大事ですので事前に担当医師とよく話し合ってから決めましょう。
※クリニックの方針によってもどこまで切断すべきか、というのは異なる可能性があります。

代償性発汗とは

基本的にETS手術をすれば汗を止めることはできるのですが、一つだけ注意しなくてはならないデメリットがあります。

上記でも少々触れましたが、切断した際の影響度が高い神経を手術した場合に起こる可能背が高い「代償性発汗」です。

これは、手のひらの汗は止まったが代わりに脇汗など他の部位の汗が余計に出るようになる現象です。

人間自体の汗の総量は変わらないので、どこかの蛇口を止めたら他の蛇口からの出る量が増えてしまうイメージです。

この代償性発汗も個人差がありますが、他の部位での汗が増えたほうがつらい場合もあるので注意しましょう。

手汗治療手術の費用相場

手術費用の相場ですが、およそ10万円と言われています。
保険が適用できる場合もありますので、事前に各クリニックに確認しましょう。

またこの費用感で、カウンセリング、手術、アフターチェックで合計3回の通院をするクリニックが多いようです。

まず自分に手術が必要か、手汗レベルのチェック

このように手汗治療の内容や費用相場について書きましたが、そもそも手汗治療を受ける必要があるのか?という確認はしましょう。

お金や時間がかかり、その上代償性発汗の存在もあるので、悩んでいる人は手術!と一概におすすめすることはできません。

まず現在の自分の手汗レベルを把握し、適正な手汗対策をしましょう。

手汗レベル診断とそれぞれへの適正な対策についての詳細記事はコチラです。

no image
手汗を止める方法はコレ!手汗経験者が止める方法をすべてを語ってみる。

手汗を止めたい!と思うだけでは手汗はなかなか止まりませんし、むしろ「まずいまずい!」と思ってしまうことで余計に手汗をかいてしまいますよね。 この記事では、手汗に困っている方たちを対象に、手汗を止める方 ...

続きを見る

この記事も読まれています。

-未分類
-, , , , , , ,

Copyright© 手汗対策ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.