未分類

手汗が酷い人はまずここから意識しよう。まだ暗くなる必要はない!

更新日:

昔から手汗がひどい人、最近手汗がひどいと感じる人、そんな方々向けに手汗の改善方法を書いた記事になります。

自分の手汗レベルをチェックしよう

まず、「手汗がひどい」と一口に言っても症状のレベルがあります。
客観的な自分の症状レベルを確認して、それぞれに適切な改善方法を選択しましょう。

レベル1.手汗で手が湿っている(キラキラしている)
レベル2.手のひらに水滴が溜まる
レベル3.手のひらから水滴がポタポタ落ちる

上記が手汗のレベルのチェック表です。

手汗のレベルについては下記の記事にまとめています。

no image
手汗を止める方法はコレ!手汗経験者が止める方法をすべてを語ってみる。

手汗を止めたい!と思うだけでは手汗はなかなか止まりませんし、むしろ「まずいまずい!」と思ってしまうことで余計に手汗をかいてしまいますよね。 この記事では、手汗に困っている方たちを対象に、手汗を止める方 ...

続きを見る

どのレベルに該当しましたか?
まず、自分にとっての「手汗がひどい」と世間から見た「手汗がひどい」のギャップが埋まりましたね。

それでは、どの手汗レベルにも対応できる手汗を改善する方法をお伝えします。
(レベル3の人には効果が薄い可能性がありますが)

手汗がひどくなる瞬間を思い出そう

まず、自分の手汗がどういった種類のものなのか確認しましょう。
手汗をかいてしまう体質の人の多くは、「精神性発汗」という発汗の種類によって引き起こされています。

これはストレスや緊張を感じた時に出る、いわゆる冷や汗です。
人によってストレスや緊張を感じる瞬間は異なりますので、まずは自分がいつも手汗をかく瞬間のシチュエーションを思い返しましょう。

  • 大勢の前で何かを発表する時
  • 異性と話す時
  • 車の運転をする時

それぞれあると思います。

精神性発汗が起こる瞬間には身体で下記のような信号が発信されています。

①脳がストレスや緊張を知覚する。
②脳が身体の交感神経へ信号を出す。
③交感神経が刺激され、手のひらのエクリン腺が活発になる。

これに対して、それぞれ下記の内容で対応出来ます。

①はストレスや緊張に慣れること
②は交感神経が過剰に反応しない体質にすること
③は手のひらのエクリン腺を縮小させること

①はなかなかハードルが高いと思いますので、②と③を対策をしていくのがおすすめです。
②の交感神経は、自律神経の乱れが起こっていると過剰に反応してしまうケースが多いです。
なので、自律神経の乱れを生活習慣で改善していきましょう。

生活習慣改善による手汗対策は下記の記事でまとめています。

no image
手汗をかかない方法を調べた。手汗は限りなく抑えることはできる!

手汗をかかない方法について、たくさん検索している人がいます。 この記事に辿り着いたあなたも手汗に悩む一人ですね、私も手汗で悩んでいて一時期毎晩のように手汗について検索して対策方法がないか調べていました ...

続きを見る

最後の③に関しては、手のひらの汗腺に対して直接対策をすることで手汗を抑える(止める)方法です。
次に詳しく書いていきます。

具体的な手汗の改善方法

ここでは手のひらの汗腺を縮小ないし機能を停止させることによって手汗を抑える(止める)方法をお伝えします。
方法としては2種類ありまして、それぞれメリット・デメリットがあります。

制汗剤による改善

まずは制汗剤による改善方法です。
手のひらに直接クリームやジェルなどを塗布することによって、手のひらの汗腺に作用させていきます。

便器上、制汗剤という書き方をしておりますが、ドラッグストア等で販売されているスプレーや汗ふきシートの多くは「脇用」です。
そのまま手のひらに使用すると、手のひらの皮膚は薄いため、炎症を起こす可能性が高いので気をつけましょう。

最近は通販の市場が大きくなったため、手のひら専用の制汗剤というものが販売されています。
こちらを利用してみることで手汗レベル1-2の人たちは改善が大いに見込めます。

手術による改善

次は実際に手術をして、手のひらの交感神経を切除するという方法です。
昔はお腹に傷を空けて手術をする方式が取られておりましたが、現在は目立たない脇の下などに数ミリ傷をつけて、そこから内視鏡を通して手術が可能になっています。

手術相場は10万円前後で、最近だと日帰りで手術もできるため以前よりは敷居が低くなっています。

一つだけ注意しなくてはならないことがありまして、それは「代償性発汗」といい手のひらの汗を止めると、他の部位からの汗が増えるという副作用です。
人間それぞれ、汗の総量は変わらないのでどこかの蛇口を止めればどこかの蛇口から水が多く出るというイメージです。

これがあるので、実際に手汗の手術を行う場合には担当医師と綿密な話し合いを行い手術の実施を決める必要があります。

試してみるべき改善の順序

さて色々な方法を書きましたが、じゃあ実際にどの改善方法から試せばいいの?となるかと想います。

順番としては下記がおすすめです。
(生活習慣の改善は引き続きやっていただきたいですが。)

  1. 手汗専用の制汗剤
  2. 街の皮膚科クリニック
  3. 手汗専門クリニック

まずは手汗専用の制汗剤を使ってみましょう。
ちなみに私は現在この手汗専用の制汗剤を使うことによって、手汗の悩みが激減しています。
私自身の経験から、当サイトではこの手汗専用の制汗剤情報をメインに各商品をそれぞれ分かりやすく使用感を含めて紹介しています。
良ければこちらを参考にしてみてください。

手汗専用制汗剤最新ランキング【比較・口コミ・レビュー有り】

28年間ずっと手汗に困ってきた私がそれぞれの商品を実際に使用してレビューした結果を、 コスパ、使用感、香りなどさまざまな角度から比較してランキングにしてみました。 現状私は、 フレナーラ、ファリネ、テ ...

続きを見る

これを使ってみてもまったく改善の見込みがなかった場合には、かかりつけの皮膚科で相談してみましょう。
もし街の皮膚科で、専門医への診療をおすすめされたら手汗専門のクリニックへ行きましょう。

東京都内の手汗専門のクリニック情報は下記にまとめました。

no image
手汗専用の病院ってあるの?東京都内の手汗専門のクリニックまとめ。

東京都の手汗専門クリニック 四谷メディカルキューブ http://www.mcube.jp/operative/explanation/sweating.html 営業時間 8:30-16:30 ※日 ...

続きを見る

この記事も読まれています。

-未分類
-, , , ,

Copyright© 手汗対策ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.