未分類

【解決策紹介】吊革の手汗問題を解決したいと思い始めた。

投稿日:

はいどうも。
夏ですね。

毎年夏になるとどうしても感じてしまします。

電車の吊革の手汗。

自分だけでなく、周囲の他人も車内の温度が高い影響でみんな汗をかいています。
もちろん、それに比例して手汗も。

やっと吊革が空いたと思って捕まったとき、濡れていたときは最悪ですよね…。

何回も経験ありますし、反対に自分の後はそうなっていないことを祈るばかりです…。

夏だからこんな話題を出しましたが、そもそも吊革の手汗は気温のせいだけなんでしょうか?
ずっとこの問題が、嫌だなぁ…と思い続けて頭にきたので、今回は原因を調べました。

そもそも手汗のメカニズムは?原因は?

そもそも手汗はなぜ存在するのでしょうか?

直接的な理由は、手のひらに汗腺と言われる汗の出口が多いことです。
他にも汗腺が多い箇所は、額や背中、足の裏や脇が挙げられます。

それぞれの箇所に汗腺が多い理由は、箇所により異なるのですが、
少なくとも手汗、足汗については「すべり止め」の役割として備わっていると言われています。

それこそ原始時代など、ヒトが狩りをしていた時代。
その頃は当然、靴や軍手などの装備はありません。

その中で、不安定な場所でバランスをとったり、モノを持ち投げるなどの行動をする必要がありました。
その際に、全く湿っていない乾いた状態だと、滑ってしまう。

これを避けるために汗を若干出し、滑らないようにした。

これが手汗の由来だと言われています。

そして、その汗を出すタイミングとしてトリガーになるのが、自律神経(副交感神経)です。
これらが活発に動くことで、身体の中で発汗の指令が出ます。

そして、この自律神経(副交感神経)が活発になるには、脳が「身体に緊張・ストレスを感じる」ことが条件となります。

つまりは、
緊張・ストレスを脳が完治すると、
自律神経(副交感神経)が汗腺へ発汗司令を出す。
そうなると汗腺の多い箇所から順に発汗する(個人差がある)となります。

この”副交感神経が過敏なヒト”がいわゆる手汗体質の人です。
もしくは汗腺の数が一般よりも多い、という体質の人もいます。

しかし話を戻しますが、
電車内というのは混んでおり、更には気温も高い状態で、どうしたって身体にストレスは感じてしまいます。

このままでは手汗体質の人は、吊革についてしまう手汗を防ぐことはでき混ません。

ではどうしようもないのか?

是非安心してください!
今回、とても具体的な解決法を見つけましたので、紹介させていただきます。

手汗を防ぐには、汗腺の動きを小さくするのが最善策

前述の通り、手汗の原因は突き詰めれば、ストレスと緊張。
これらは避けることができません。

しかし最近は便利な世の中になったもので、
汗腺の働きを抑えるクリームやパウダーと言うものが売っています。
いわゆる、手汗専用の制汗剤です。
(脇用の制汗剤などを手のひらにつけてしまうと、高刺激で荒れてしまうので注意!)

汗腺を働きを抑える成分は、国から有効だと言われている成分が複数あります。
塩化アルミニウム、クロルヒドロキシアルミニウムなどがそれに当たります。

こうして汗腺の動きを鈍くしてしまえば、いくら緊張やストレスを感じようと、
手汗は出なくなります。

こうした対策アイテムを使っていくことにより、
物理的に手汗を止めてしまえるんです。

(手汗をとめてしまって、人体に悪影響があるのか?ということもありますが、
 上述の通り、汗腺は手のひら以外にも身体の複数箇所にあります。
 他の汗腺から代わりに出るだけなので、大丈夫です。)

こういった商品は複数販売されているんですが、
WEB通販のみで展開している商品が多いです。

実態にサンプルを使って見もせず購入するのにはハードルがあると思います。

代わりに手汗体質の私が実際に使ってみて、
効果や値段などを加味して、おすすめランキングをまとめましたので、
下記の記事を参考に、手汗対策を一緒にしてみましょう。

…ことの発端は吊革につく手汗でしたが、
私も実際にこういった対策商品を使うようになってから日常で困っていた小さな手汗問題も解決でき、
かなりストレスフリーな生活を送ることができています。

[kanren postid="215"]

この記事も読まれています。

-未分類

Copyright© 手汗対策ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.