未分類

手汗に効果的な塩化アルミニウムとは?市販〜WEB販売商品まで紹介!

更新日:

塩化アルミニウムとは?

塩化アルミニウムとは成分の名前で、カテゴリとしては医薬品に属します。
目的は発汗の元となる、皮膚の汗腺の動きを防ぐことです。

これにより発汗が抑えられるので、手汗の対策としても有名です。
実際に皮膚科などで発汗を抑える目的で処方されるものとなります。

塩化アルミニウムを単体で購入しようとしても、個人ではなかなか手に入らないものです。
大きい薬局などでは薄められたものが手に入ることはありますが、あくまで医薬品などで使用には注意が必要です。

一般的には20%以下に希釈してから使用することが望ましく、最初は10%程度に薄めて、効果を見ながら必要に応じて強めていくのが無難です。

しかし実際には正確な希釈が難しい!も多くありますので、市販で購入可能な商品たちも紹介します。

市販で購入できる塩化アルミニウム商品を紹介

上述しましたが塩化アルミニウムには、

  • 手に入りづらい
  • 正確な希釈が難しい

という背景がありますので、使用したい場合は市販でパッケージ化されている商品を購入するのがおすすめです。

商品自体はいくつかありますが、圧倒的に知名度が高い2つの商品がありますのでそれらを紹介します。
(実際、大きいドラッグストア等でもこの2つしか置いていないのが現状です。)

オドレミン

価格帯は1,080円(税抜)。※2017/12現在 公式価格
内容量が25mlと少ないですが、そんなにドバドバつけるものでもないので、コスパが悪い方ではないです。

テノール液

価格帯は850円(税抜)。 ※2017/12現在 公式価格
内容量は30mlなので、オドレミンと比較してコスパはより良いです。

上記2商品はAmazonでも購入が可能となっているので、どうしても周りにドラッグストアがない場合はそちらを利用しましょう。

塩化アルミニウムの唯一の欠点

そんな塩化アルミニウムですが、一つだけ欠点があります。
ちなみに、この欠点のせいで管理人は塩化アルミニウムの継続使用には断念した経験があります。

その欠点とは、
日本人の肌に合わず、かぶれてしまう場合があること。
です。

元々こういった制汗商品は海外の人向けに市場をつくっていたため、外国の方向けに開発製造されてきました。
往々にして、日本人の肌は海外の方と比較して弱いです。

その為、人によっては肌に大ダメージを受けかぶれて赤く腫れ、痒くなり続けます。
上記でご紹介したオドレミンやテノール液は日本人用にカスタマイズされているのですが、それでも人に合う合わないが起こってしまいます。

管理人はオドレミンにて手のひらがかぶれてしまいました。

一度試してみて問題がなければそのままご利用になっても問題ないですが、自分自身かぶれてしまった際にWEBで検索をしましたが、同じようにかぶれてしまった人の口コミがいくつかありました。

それじゃあ、一体どうすれば?
…もちろん現在は、それに対応した解決策があります。

最近は塩化アルミニウムと似たような成分を持つ「クロルヒドロキシアルミニウム」という成分が注目を集めています。
こちらは塩化アルミニウムと比較して刺激成分が少なく、肌へのダメージが圧倒的に少ないです。
これが配合されている商品は私のような肌の人にはおすすめです。

しかし残念ながら、クロルヒドロキシアルミニウムが配合されている商品はもっと市販で手に入りません。
WEB専門で販売している商品にほぼ限定されている状態です。

WEB販売商品がおすすめ

まずクロルヒドロキシアルミニウム配合商品が手に入りづらいというのを説明しましたが、
手に入りづらい以外にもWEB販売商品には同時に、肌をケアする成分が配合されているのです。

商品によって違いはありますが、炎症を抑える成分や、肌の水分を保護する成分が入っております。

手汗を止めるだけでなく、肌へダメージを与えない。

そういった視点考えることが、数日後に手のかゆみで苦労する未来から逃げられます。
当サイトではWEBで販売されている手汗対策商品を中心にレビュー記事を挙げていますので、参考にしてください。

手汗専用制汗剤最新ランキング【比較・口コミ・レビュー有り】

28年間ずっと手汗に困ってきた私がそれぞれの商品を実際に使用してレビューした結果を、 コスパ、使用感、香りなどさまざまな角度から比較してランキングにしてみました。 現状私は、 フレナーラ、ファリネ、テ ...

続きを見る

この記事も読まれています。

-未分類

Copyright© 手汗対策ラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.